言葉は味方も敵も作り出すが笑顔は味方を増やす

少しは笑えるようになったあの頃に知り合った

君は誰にも負けない笑顔で周りを明るくしていた

惹かれないはずが無かった

笑われるくらいなら一人の方がマシだとさえ思っていたが

笑われてもいい

つられて自分も笑えばいい

と思えるようになっていった

誰にでもできることじゃないんだと知ったのはそれからだいぶ経ってからだったけど

物凄く大切な考え方を君は僕に与えてくれたんだ

障害者になって、残りの人生は余生だとさえ思っていた僕の人生に歩く力をくれたんだ

君があの事故でいなくなって、溜息が増えた時期もあったけど

変わらず今日もいっぱい笑ったよ

見てくれてたかな?

今日はさ、新人さんの相手して疲れたよー。

でもね、新人さんは良い人だよ!

良い笑顔が特徴的だもん!

君が残した笑顔という武器を

世界中探しても唯一無二の最強の武器を

これからも活かしていくよ

伊吹の風にキミを感じて

僕は歩いていくよ